川越市総合福祉センター オアシス

施設概要

ここから本文ですオアシスとは

川越市総合福祉センター「オアシス」は、ふれあいとやすらぎのある人間性豊かな福祉社会の実現を目指し、福祉の向上と地域福祉の促進拠点として主要な役割を担う施設です。

このセンターは、市内に住む障害者や高齢者の方々を主な対象とし、種々の研修・相談・訓練等を通じて自立を支援し、創作活動・レクリエーション等への参加交流を通じて生きがいのある生活と豊かな文化を創造し、併せてスポーツの場・入浴サービス・給食サービス等を提供することにより健康の維持増進を図り、もって福祉の向上を推進することを目的に平成7年7月にオープンしました。

さらに社会福祉協議会事務局との連携により、広く地域福祉の向上を促進するための拠点となる施設でもあります。

愛称の「オアシス」は、一般公募により、「オ」…老いも若きも、「ア」…足腰きたえ、「シ」…しっかり健康、「ス」…スマイルでの頭文字をとって付けられました。

施設概要

敷地面積 5,721.59u  
建築面積 2,820.79u 建ぺい率54.4% 容積率122.9%
延床面積 6,523.48u 1階 2,572.7u
    2階 2,363.68u
    3階 1,556.79u
    R階 30.31u
構造規模   鉄筋コンクリート造、地上3階
最高高さ 23.55m 最高軒高 12.85m
駐車場等 場内 自動車 11台(うち、身体障害者用9台)
    自転車置場 3ヵ所
  場外 自動車 151台

事業概要

障害者福祉センター事業
身体障害者福祉センターを中心とし、身体障害児者、知的障害児者及び精神障害児者も利用できるものとします。
在宅の障害者に対して、通所の場を設け、創作的活動、機能回復訓練等各種事業を実施し、障害者の福祉の向上を図ります。
高齢者福祉センター事業
地域の高齢者に対して、各種相談に応じ、健康の増進、教養の向上等のための便宜を供与し、高齢者の福祉の向上を図ります。